キャンプ用品人気ブランド総まとめ!全部知ってる?

キャンプ用品人気ブランド総まとめ!全部知ってる?

キャンプが人気の季節になりましたね!キャンプ初心者からベテランまで、みんなが愛用しているキャンプ用品のブランドをご紹介します。老舗メーカーから新興ブランドまで、様々な魅力的なブランドがありますので、ぜひ参考にしてみてください。 定番のキャンプ用品人気ブランド Coleman(コールマン) コールマンは1900年にアメリカで設立されたキャンプ用品ブランドです。ランタンが有名で、使いやすいアイテムが多く揃っているのが特徴です。初心者にもおすすめの価格も手頃な老舗メーカーです。 snowpeak(スノーピーク) スノーピークは新潟県三条市に本社がある野遊びをテーマにしたブランドです。ソリッドステークやアメニィティードームなど、ユニークなアイテムが豊富です。スノーピーカーと呼ばれるファンも多い人気ブランドです。 mont‐bell(モンベル) モンベルは1975年に設立された山登り用品のブランドです。軽くて丈夫なシュラフやテントなどの商品が多くそろっています。アパレルも充実しているので、キャンプで着ている方も多い印象です。 LOGOS(ロゴス) ロゴスは日本のメーカーで、キャンプ以外にもピクニックなどにも使える商品が多いです。海辺から標高800メートルまでをテーマにした商品が豊富で、価格も手頃なのが魅力です。 日本が誇る!人気のキャンプブランド ogawa(オガワ) オガワは日本の老舗アウトドアブランドで、落ち着いたカラーのテントやタープが有名です。カーサイドタープなども人気があります。統一感のある商品が多いので、サイト作りにもおすすめのブランドです。 DOD(旧ドッペルギャンガー・アウトドア) DODは可愛いアイテムが豊富なブランドです。特に女性に人気があり、カアボコテントは中々当選しない人気商品です。楽しいアイテムが多いので、キャンプをさらに盛り上げたい方におすすめです。 SOTO(新富士バーナー) SOTOは登山やキャンプで活躍するバーナーが主力商品のブランドです。ソロキャンパーにも愛されているメーカーで、ガストーチやバーナーなどの商品も豊富に取り揃えています。 North Eagle(ノースイーグル) ノースイーグルはデイキャンプに適したリーズナブルな商品が多いブランドです。テントや焚き火台など幅広く商品を取り扱っており、心地よい休日スタイルを提案しています。…
キャンプラックのおすすめ20選。軽量コンパクトにできるアイテムもご紹介

キャンプラックのおすすめ20選。軽量コンパクトにできるアイテムもご紹介

おしゃれなキャンプのためには、キャンプラックが欠かせません。キャンプの雰囲気を演出するだけでなく、アイテムの整理にも便利です。しかしどのキャンプラックを選べばいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで今回は、キャンプラックのおすすめ製品をご紹介します。さらに、選び方も解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。 キャンプラックの選び方 段数で選ぶ まずは段数から選んでみましょう。キャンプラックは2段や3段などの段数があります。空間を有効に使いたい方には、2段や3段のキャンプラックがおすすめです。高さが出ることで、省スペースでアイテムを収納できます。収納力が重視なら、こちらを選んでみてください。 一方、コンパクトさを重視したい方には、1段のキャンプラックをチェックしましょう。床に直接置きたくないアイテムも乗せられるのがメリットです。さらに、テーブルとしても使える製品もあります。使い方に合わせて選んでみてください。 天板部分のサイズをチェック キャンプラックの天板のサイズは、置けるアイテムや量を左右します。あらかじめ置くアイテムや設置スペースを考えて、天板のサイズを確認しましょう。 幅が広めの製品は、小物を多く乗せやすいだけでなく、テーブルや調理台としても活用できます。使いやすさを重視するなら、こちらを選んでみてください。 テントの中にキャンプラックを設置したい方は、奥行きに注目してください。奥行きが狭めのモデルだと、設置しやすくなるポイントです。 素材で選ぶ キャンプラックの素材も大切なポイントです。以下、各素材の特徴をご紹介します。 自然な見た目が魅力の「木製」 ナチュラルな雰囲気が好きな方には、木製のキャンプラックがおすすめです。特に天然木を使用していると、木のぬくもりを感じることができます。キャンプだけでなく、ガーデニングなどさまざまなシーンで活用できます。 木材の種類にも注目しましょう。コスパの良いアカシア材は、自然な木目と落ち着いた色味が魅力です。耐久性にも優れているため、アウトドアでも気軽に使えます。 軽量で持ち運びが簡単な「アルミ」 アウトドアシーンでは、荷物の持ち運びやすさが重要です。アルミ製のキャンプラックは、軽量性に優れています。移動だけでなく、準備や片付けもスムーズに行うことができます。 また、鉄が含まれていないため、サビにくいのも魅力です。屋外での使用でもきれいな状態を保つことができます。長い期間使いたい方にもおすすめです。 耐久性に優れた「アイアン」 キャンプラックに重いアイテムを乗せたい場合は、耐久性に優れたアイアン製のモデルを選ぶことが重要です。キャンプ用品を安心して置くことができます。また、スタイリッシュなデザインもポイントです。デザインにこだわりたい方にもおすすめです。 サビや腐食に強い「ステンレス」…
Niterra日特スパークテックWKS公園 北薩広域公園オートキャンプ場

極上温泉があるキャンプ場5選

寒い冬もキャンプのシーズンです。利用者も少なく、静かに過ごせる冬は、キャンプを楽しむには最適な時期です。今回は、冬キャンプをさらに楽しむことができる、温泉があるキャンプ場を5つご紹介します。 極上温泉があるキャンプ場はいかが? 2023年7月にNEW OPENした「未完の里キャンプ場」は、敷地内にキャンパー専用の温泉を完備しています。源泉かけ流しの絶景露天風呂には、何度でも入ることができます。 未完の里キャンプ場 モデル料金は大人2名+子供2名で1泊する際の目安で、温泉入浴料も含まれています。 住所:山梨県甲府市横根町1182-400電話:080-1119-0110営業:通年*2024年1/22~3/14は設備拡充のため休場予約:2か月前より(連泊の場合は3か月前より)テントサイト:7その他の宿泊施設:0棟 このキャンプ場では、温水洗浄便座や温水が出る器具による焚き火も楽しめます。さらに、ペットの同伴やWi-Fiの利用も可能です。 温泉棟からは富士山や甲府盆地の素晴らしい夜景を眺めることができます。テントサイトからも夜景を楽しむことができますが、特に1番のサイトは夜景を楽しむための最適な位置にあります。 温泉は源泉かけ流しで、毎分約200ℓと湯量も豊富です。リラックスして温泉に浸かりながら、美しい夜景を楽しむことができる貴重な環境です。 また、温泉棟には男女別の露天風呂もあります。男女の湯船が2つずつあり、屋根も付けられる予定です。 テントサイトは、道路を挟んで温泉棟に隣接しています。1番のサイトはファミリーにオススメで、炊事場やトイレが近くにあります。また、6番のサイトは夜景を楽しむために人気があります。 キャンプ場では、クルマの乗り入れも可能です(別途1,000円)。また、薪も販売されていますので、焚き火も楽しむことができます。 未完の里キャンプ場では、キャンプと温泉を存分に楽しむことができます。 のどかな田園風景を見ながらゆったり~ 2022年7月にNEW OPENした「YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場」は、のどかな田園風景の中に位置しています。温泉入浴料も含まれていますので、滞在中はかけ流しの天然温泉に入り放題です。 YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場 モデル料金は大人2名+子供2名で1泊する際の目安です。 住所:岐阜県養老郡養老町押越1374-50電話:0584(34)1313営業:通年予約:3か月前より*instagram『yoro_onsen_camp』でのみ受付テントサイト:25その他の宿泊施設:0棟…
100均で見つけた使えるキャンプ用品TOP15!ダイソー・セリア・キャンドゥのおすすめ商品

100均で見つけた使えるキャンプ用品TOP15!ダイソー・セリア・キャンドゥのおすすめ商品

ダイソーやセリア、キャンドゥなどの100円ショップには、コスパの良いキャンプ用品がたくさんあります。アウトドアブームに合わせて商品も増え続け、今ではキャンプに必要なアイテムが揃うほどの品揃えです。そこで今回は、数ある100均のキャンプ用品の中から、筆者が実際に使用して「本当に使える!」と思った商品を独自のランキング形式で紹介します。 本当に使える100均のキャンプ用品TOP15 第15位:セリア「ティッシュホルダー」/110円(税込) ティッシュホルダーは、キャンプでの使用に便利なアイテムです。ティッシュ箱の目隠しに使用でき、見た目もシンプルでスタイリッシュです。ロープが付属されているため、吊り下げて使用することも可能です。素材の質感が良く、110円とは思えないクオリティなので、15位にランクインしました。 第14位:セリア「テントロープ用LEDライト」/110円(税込) テントロープ用LEDライトは、キャンプでのテント設営に欠かせないアイテムです。夜間の視認性を高め、つまずくリスクを減らしてくれます。特に子供と一緒にキャンプに行く方にはおすすめの商品です。実際にファミリーキャンプで重宝したため、14位にランクインしました。 第13位:キャンドゥ「ハンディスパイスミル」/550円(税込) ハンディスパイスミルは、片手で挽くことができる便利なアイテムです。スパイスを挽くことで料理の香りと味を引き立てることができます。自宅やキャンプで使える使い勝手の良い商品で、13位にランクインしました。 第12位:キャンドゥ「携帯ゴミ袋ケース」/110円(税込) 携帯ゴミ袋ケースは、ちょっとしたゴミを捨てるのに便利なアイテムです。ケースにはロール状のゴミ袋が収納されており、取り出し口から引き出して使用します。取り換え用の携帯ゴミ袋が3ロール110円で販売されているため、繰り返し使用ができます。カバンのベルトなどにつけておくこともできるので、キャンプだけでなくお出かけにも重宝する商品です。12位にランクインしました。 第11位:ダイソー「スキットル(漏斗付)」/330円(税込) スキットルは、アウトドアでの使用に最適な容器です。ステンレス製で高級感があり、漏斗も付属しています。高品質な商品でありながら、330円という破格の価格です。キャンプ感を高めるアイテムとしておすすめです。11位にランクインしました。 第10位:キャンドゥ「アウトドアカトラリー」/330円(税込) アウトドアカトラリーは、折りたたんで収納できる便利なカトラリーセットです。フォーク、スプーン、ナイフ、缶切りと栓抜きの機能があります。さらに2つに分割して使用することもできるため、使い勝手が良いです。多機能なカトラリーでありながら、330円というお手頃な価格も魅力です。10位にランクインしました。 第9位:セリア「イワタニガスマッチ」/110円(税込) イワタニガスマッチは、ライターとチャッカマンの中間ぐらいの大きさで、ポケットに入れて持ち運びができます。見た目もおしゃれで、ガス注入式なので繰り返し使用できます。キャンプ場での火おこしなどに便利です。見た目も使い勝手も良いガスマッチでありながら、110円というお手頃な価格です。9位にランクインしました。 第8位:キャンドゥ「シェラカップ用クッションケース」/220円(税込) シェラカップ用クッションケースは、シェラカップを収納するためのケースです。厚手の生地で作られており、落下時の破損や傷からしっかりと守ってくれます。デザインもシンプルで、使い勝手も良い商品です。8位にランクインしました。 第7位:ダイソー「メスティン(3合)」/1100円(税込) メスティンは、炊飯だけでなく様々な料理に使用できるクッカーです。ダイソーでは1合炊き、1.5合炊き、3合炊きのサイズが販売されています。筆者は3合炊きをチョイスしました。ファミリーキャンプで使用するのにぴったりの容量であり、非常に頼りになるアイテムです。7位にランクインしました。…
新宿エリアのアウトドアショップ15選

新宿エリアのアウトドアショップ15選

今回は、新宿エリアにある主要なアウトドアショップを紹介します。新宿エリアは非常に充実しており、キャンプ用品を扱う店舗が15か所あります。以下、それぞれの店舗についてご紹介していきます。 ALPEN TOKYO 「AlpenTOKYO」は2022年4月1日にオープンした大型店舗です。フロアは地下2階から7階まで広がっており、スポーツ、アウトドア、ゴルフ用品が豊富に揃っています。キャンプ用品は3Fから5Fに位置し、テントなどを試し張りするコーナーもあります。 最寄り駅情報: 詳細情報:アルペントーキョー エルブレス 新宿店 「エルブレス 新宿店」は地下1階から9階までのフロアに幅広いアウトドアアイテムが展示されています。ウェア、シューズ、キャンプ用品、登山用品など、さまざまな商品が揃っており、特にキャンプ用品は8階から9階に集中しています。 最寄り駅情報: 詳細情報:エルブレス 新宿店 ヴィクトリア 新宿店 「ヴィクトリア 新宿店」はエルブレスの近くにあるスポーツショップです。キャンプ用品も一部扱っていますが、主にスポーツに特化した品揃えとなっています。速乾性のある素材で作られたシューズやウェアなどは、キャンプでも活用できるアイテムです。 最寄り駅情報: 詳細情報:ヴィクトリア新宿店 A&Fカントリー京王百貨店新宿店 「A&Fカントリー京王百貨店新宿店」は京王百貨店新宿店の5階にあります。ウェアやバッグを中心に、幅広いおしゃれなアウトドア用品が取り揃えられています。 最寄り駅情報:…
福岡のキャンプ・アウトドアショップ おすすめ10選

福岡のキャンプ・アウトドアショップ おすすめ10選

(2021/8/15情報更新しました) 皆さんは普段どこでキャンプ道具を購入されていますか? ネットでポチれば何でも翌日には自宅に届く昨今、自分もナチュラムやAmazonなどネットショップでキャンプ道具を購入する機会はとても多いです。 でも、キャンプ道具ってちょっと嗜好品っぽいというか、実際に見て、触って吟味したいところがありますよね。 アウトドアショップに足を運び、道具を触ってニヤニヤ笑ったり、思わぬ買い物をしていまうのは至福の時間です。 今回は福岡在住の私が、実際によく足を運ぶ福岡のキャンプ・アウトドア用品店をご紹介します! ヨドバシカメラマルチメディア博多(石井スポーツ博多店) えっ、いきなり家電屋?と驚くなかれ。 ご存じの方も多いかと思いますが、博多のヨドバシカメラはキャンプ好きの垂涎スポットです。(2020年3月13日〜元々地下1階にあったキャンプコーナーが3階に移転、売場面積約2900平方メートルで博多地区最大級のアウトドア・キャンプコーナーとなる「石井スポーツ 博多店」に生まれ変わりました) ogawaのプレミアムストアが入っており、ogawaテントの実物展示を体感できます。ちなみに「ポルヴェーラ34」はこのショップで購入しました。 ※ちなみにogawaの直営店「GRAND lodge 福岡」が東区のショッピングモール、アイランドアイ内にオープンしています。こちらもチェック。 他にもスノーピーク、コールマン、ロゴスを始めとしたブランドのコーナー、テントやタープからシュラフ、ランタン、調理道具、燃料まで、基本ここに足を運べばキャンプに必要な道具はすべて揃うといっても過言ではありません。 ヨドバシカメラマルチメディア博多(石井スポーツ博多店)住所福岡県 福岡市博多区博多駅中央街6−12TEL092-471-1010営業時間9:30〜22:00WEBhttp://www.yodobashi-hakata.com スノーピーク太宰府 太宰府I.C.の近くに位置するスノーピークの直営店。 福岡キャンパーなら都市高で九州道に出る際に必ず目にするお馴染みのショップですね。…
キャンプ飯の魅力に迫る

キャンプ飯の魅力に迫る

こんにちは、Ryokoです。 キャンプといえば、自然の中で楽しむごはんとお酒。初めてのキャンプでは、楽しみにしていたこの時間が一番の魅力でした。 今回は、キャンプビギナーでも簡単に作れる美味しいキャンプ料理をご紹介します。最低限のキャンプギアで作ることができ、自然の中でアウトドアを満喫できる料理ばかりです。 初心者キャンプ飯 超基本・肉直火焼き まずは、火さえあればできる肉の直火焼きから始めましょう。牛肉、豚肉、鶏肉、ソーセージ、何でもありです。焚き火で焼くだけで、スーパーマーケットで買えるレベルのステーキ肉ですら、もう美味。焦げてるぐらいが、むしろ美味しいんです。 肉以外でも、手羽先 (Chicken Wings)もおすすめです。アメリカのアマゾンでも柚子胡椒が買えるありがたい時代ですね。焼鳥屋さんで食べるような美味しい手羽先が、キャンプで味わえます。 定番・缶詰め料理 もうひとつ簡単なのが、缶詰め料理です。アメリカでは、日本ほどグルメな缶詰めはありませんが、定番缶詰めならば問題なく揃います。オイルサーディン缶ごと焼きやコーンベーコンなど、試してみる価値アリです。 さらに、牡蠣の炊き込みご飯をメスティンで作ってみるのもおすすめです。メスティンにお米と缶詰めのスモークドオイスターを入れ、お酒と水を加えて炊くだけ。焚き火の効果で美味しさが引き立ちます。 デザートはもちろんスモア 食事を終えてゆっくりする時間には、デザートとしてスモアをお楽しみください。グラハムクッキーに板チョコレートとマシュマロを挟んで焼く、定番のおやつです。キャンプといえばこれですね。 焚き火台もいろいろ キャンプでの調理には焚き火が欠かせません。キャンプ場によっては焚き火台があるので、焼き網さえあれば簡単に料理を作ることができます。焚き火台もいろいろありますが、最初は最低限のギアで始めることをおすすめします。 まとめ:できるだけ簡単に、美味しく 今回はキャンプ初心者目線で、簡単で美味しいキャンプ料理をご紹介しました。アメリカのスーパーマーケットやアマゾンで手に入る材料で作ることをルールにして、美味しさを追求しました。 キャンプは疲れるものですので、できるだけ手間暇をかけずに美味しい料理を楽しみたいものです。キャンプ用品もたくさんありますが、シンプルに始めることをおすすめします。 それでは、キャンプ飯を楽しんでください。また次回お会いしましょう。Ryokoより
日本発!安心安全の人気アウトドアブランド10選

日本発!安心安全の人気アウトドアブランド10選

アウトドア用品といえば、外国のブランドを思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、日本発の人気アウトドアブランドは想像以上に多いんです。日本人向けの製品づくりや高品質・ハイコストパフォーマンスなど、魅力がたくさんあります。今回は、日本発の人気アウトドアブランドをご紹介します! 国産アウトドアブランドの魅力とは 「国産品」に期待されるのはやはり品質の高さですよね。それでいて価格も手ごろで手に入れやすいのが魅力です。国内企業ならではのメンテナンスやサポートも安心です。なにより、日本国内で日本人向けに設計されていることが大きな魅力といえるでしょう。 日本向けに設計されていることの良さ 高温多湿な日本の気候に合わせた製品が豊富にあります。防水性や結露対策がしっかりしていたり、防カビ加工がされている製品も多いんです。また、焚火台やバーベキューグリル、アウトドアバーナーなども充実しているのも日本向けの製品ならではの魅力です。アパレル製品も日本人の体形に合わせて設計されているので、サイズ選びも楽です。実際に使用したときの満足度も高いですよ。 日本発の人気アウトドアブランド10選 スノーピーク モンベル キャプテンスタッグ ロゴス SOTO ユニフレーム OGAWA DOD Foxfire フィールドコア この記事を読んで「国産ブランドなの!?」と驚いたり、新しいブランドを発見したりしましたか?日本国内で使われることを念頭に置いて、日本のキャンプ場や自然環境にマッチした製品がたくさんあります。アウトドアギアが充実すると、アウトドアライフもより楽しめます。ぜひ、参考にしてみてください!
冬キャンプ

キャリーカートでアウトドアを便利に!キャンプ場スタッフおすすめ11選

みなさん、キャンプの荷物やギアはどうやって運んでいますか?一つ一つは持ち運べても、重たいテントや焚き火台などはキャンプサイトまで一気にまとめて運びたいですよね。 そんな時に便利なのがキャリーカート(キャリーワゴン)です。 コールマンの真っ赤な定番ワゴンから、おしゃれでアーミースタイルなワゴンまで持ち運びしやすくておすすめのカートをキャンプ場スタッフが厳選して紹介します! いますぐおすすめのキャリーカート(キャリーワゴン)を知りたい人は、以下のボタンからジャンプしてくださいね! ※本記事はキャンプのプロ!有野実苑オートキャンプ場のスタッフをはじめ、有野実苑を愛してくださるキャンパーのみなさま・全国のキャンパーのみなさまのお声、口コミを参考に制作しています。 キャンプであると便利!キャリーカート(キャリーアワゴン)とは キャリーカートとは、キャリーワゴンやアウトドアワゴンとも呼ばれ、アウトドアシーンでキャンプ用品や食べ物などの荷物を運ぶ際に使うアイテムです。 車からキャンプサイトに荷運びする際になるべく一度に運びたいときや、大きくてかさばるものをまとめて運びたいときに便利。 また、キャンプやピクニック、イベントなどのアウトドアシーンでは荷運びのあとに荷物置き場としても利用できるのでおすすめです! なかには、キャリーカート用の天板を使うことでギアを隠したり、テーブルとして使ったりすることもできて、用途が多様なのも魅力の1つ。 折りたためるタイプが多くコンパクトに収納できるため、車に積んでおけば、いざというときにも使えます。 雨除けがついているキャリーカートを選べば、キャンプ中の突然の雨にも対応できますよ! キャンプに最適なキャリーワゴンの選び方 キャリーワゴンを選ぶ際に注目しておきたいのが以下の4つ! それぞれ解説していきます。 【形状で選ぶ】 キャリーカートには、大容量で運べるワゴンタイプと、ちょっとした荷物を手軽に持ち運びできるコンパクトタイプの2つに分かれます。 それぞれの特徴をみていきましょう。 ■キャンプにおすすめ「ワゴンタイプ」 キャンプなら、たくさん荷物が入るワゴンタイプがおすすめです。…
CAPTAIN STAG

人気キャンプ・アウトドア用品ブランド(メーカー)20選!

キャンプやアウトドアでは、適切な用具が欠かせません。しかし、ブランドがたくさん存在しているため、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。 そこで、実体験を踏まえて、オススメのキャンプ用品ブランドをご紹介します。これからキャンプ用品を揃えようと思っている人や買い換えを考えている人は、是非参考にしてみてください。それではさっそく見ていきましょう。 総合キャンプ用品ブランド(メーカー)のおすすめ5選 Coleman(コールマン) まずはColeman(コールマン)です。このブランドは100年以上続く、老舗のキャンプブランドで、初心者の方にも馴染みのある名前かもしれません。 初心者の方には安定感があり、とりあえず基本的にこれを選べば大丈夫です。 Coleman(コールマン)のおすすめキャンプ道具 ツーリングドームST このテントは1~2人用のもので、内部が広く感じられる作りになっており、窮屈さを感じさせません。Coleman(コールマン)は少し高価な商品が多いですが、このテントはテントなのに安価で購入できる点もオススメです。オシャレでかわいいです。 snow peak(スノーピーク) 次に紹介するのは、新潟県三条市発祥のキャンプブランド、snow peak(スノーピーク)です。このブランドも名前を聞いたことがある方は多いかもしれません。 革新的なデザインと使いやすさを重視した商品を多く提供しており、多少高価な商品ですが、その性能に見合った価値があります。 snow peak(スノーピーク)のおすすめキャンプ道具 焚き火台L この焚き火セットは、焚き火だけでなく、BBQやその他の調理にも使えます。料理に関しては心配ないほど高性能で、デザインも洗練されています。価格はやや高めですが、それ以上の快適さを提供してくれます。 LOGOS(ロゴス) 次に紹介するのは日本ブランドのLOGOS(ロゴス)です。メイプルリーフのロゴが目印で、何となく見たことがあるかもしれません。 LOGOS(ロゴス)は、小物から大物まで種類が豊富で、ブランドで一式揃えやすいです。ファミリーキャンパー向けなので、デザインもかわいいものが多いです。 LOGOS(ロゴス)のおすすめキャンプ道具 Bambooモダーンランタン…